癒されたい想いは誰にでもある

現代人は何かとストレスを抱えがちになり、そのストレスを解消しきれないうちに明日の仕事を迎えなければいけないことは往々にしてあるでしょう。たまったストレスが消化不良になってしまうため、その蓄積したストレスが自分を奈落の底に突き落としていくかのような作用をもらたしていくことが考えられるのです。そのため、たまったストレスを何かしらの方法で緩和したり無くしていかないことには、快適な社会生活を実現していくことは困難だと思うのです。ストレスは事故やミスの温床とも言えます。溜めすぎないことに越したことはない。⇒http://mcedco.com/でも、ストレスを溜めないアドバイスが書いてあります。

看護の仕事をしているうちに、「あ~、もうこんな仕事ばっかり私にやらせて~、こんなんじゃ体がいつくあっても足りないわ、誰か代わってよ~(涙目)」といった嘆きをしょっちゅう当たり散らしている看護師がおられるのではないでしょうか。こうした気持ちになるのは、やはりストレスが原因で引き起こされる心の悲鳴であり、その悲鳴を誰かに聞いてもらいたくて、もとすれば一人ごちることがあるのだと考えられるのです。確かに、自分を不愉快にさせているストレスを自分の中にしまい込んで悶々としていくよりかは、誰かに自分のことを理解してもらいたいという心理が働くことも納得のいくことです。ある人では、鬱屈した気持ちを吐き出さずに、むしろそのストレスを利用することを考えるようになり、「私をこんな気持ちにさせたのは仕事のストレスなんだ、このストレスを力に変えて仕事に対して仕返しをするかのようにして、自分の役割をこなしていくことを考えよう」といったプラス思考になることがあると思うのです。

極端に言えば、仕事そのものが自分にとってのストレス解消としての対象にしていくことで、誰にも迷惑をかけることなく、自分に凝り固まるようにしてとどまっているストレスをひねり出して仕事へと流しているように感じてくるのです。そのため、書類を机に置いた際にわざと大きな音を立てたりするなどして、ストレスを緩和させることに努めていくわけです。それでも、自己流のストレス解消法でも解決しないのであれば、専門家に相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>